車両格落ち損害(評価損)

2006-02-21

破損してしまった車、修理に出しても完全に直らなかった場合など、下取り価格も下がってしまいます。事故前との差額を払ってもらうのが、格落ち損害です。

 

 

≪格落ち損害額の算定≫

 

この金額は、修理費をもとにその30%ほどを格落ち損として認めるのが一般的です。また、事故前後での査定額を実際に出してもらい、その差額を評価損とする方法もあります。

 

 

≪どのような場合に支払われるか≫

 

修理後の現状回復不能箇所の残存等のケース

 

 ・塗装など外観上に僅かな色むらや変色化が残る

 ・車の性能が落ちる

 ・走行時ハンドルが振れる、車体の振動、異音がするなど

 ・車の機構や部品に不具合な部分が生じる

 ・修理の不具合から車の使用期間が短縮

 

 

交換価格の低下等を理由とするケース

 

 ・事故歴により下取り価格が低下

 

 

≪実際の査定額≫

 

事故前後の査定額の算出により、損害額が支払われることもあります。無料査定で実際にどの程度査定が下がったか確認してみましょう。

 

日本最大の車買取ネット~全国対応・愛車無料査定

 

 


 

  ・交通事故専門外来について

  ・突然降りかかる災害と痛み ~交通事故体験記~

  ・もしも交通事故に遭ってしまったら

  ・自賠責保険で支払われる損害と限度額

  ・小野整骨院での治療を希望されている方へ

  ・示談の進め方

  ・車両格落ち損害(評価損)

  ・交通事故用語辞典

 

 

以上、交通事故治療の注意点についてお書きいたしましたが、個々の事故に関してはメールまたは来院時にご相談ください。

 

 


 

 

 【診療時間】

診療時間
 午前 9:00~12:00
 午後 3:00~  5:00(予約のみ)
 午後 5:00~  8:00

  ※日曜・祝日は休診です。今月の予定

   急患の場合は、休日・時間外でもご連絡ください。

 

 

痛みの治療 小野整骨院/川口交通事故サポートセンター

 

▲ページのトップへ

最新のお知らせ一覧

痛みの治療 小野整骨院

Copyright(c) 2016 痛みの治療 小野整骨院 All Rights Reserved.