異議申し立て(再審査請求)

2006-03-07

後遺障害認定の結果が非該当であったり、十分な等級ではないなど、結果に対して不服がある場合、異議申し立て(再審査請求)を行う事が出来ます。異議申し立ては何度でも行うことができますが、ただ単に不服を述べるのではなく後遺障害診断書の内容の検討や実施していない検査を行うなど、新たな資料も必要になります。残存している障害が事故を起因として現在まで継続している事や、残存している障害によりどのような不都合が生じているのかなどまとめておくことも必要です。

 

交通事故用語辞典

 

 

小野整骨院への疑問・質問・ご相談

 

最新のお知らせ一覧

痛みの治療 小野整骨院

Copyright(c) 2016 痛みの治療 小野整骨院 All Rights Reserved.